不動産所有の基本

一つの不動産を複数人で所有する共有持分とは?

共有持分の特徴について

共有持分とは、複数人がひとつの物を共同で所有している場合において、それぞれが持っている所有権の割合のことを指します。
たとえば、夫婦でマンションや家を共同で購入した場合や、親が亡くなり、親の不動産を兄弟間で共同相続した場合が最もポピュラーな例と言えるでしょう。
注意しておきたい認識としては、共有持分とはあくまで所有権の割合のことで、共有持分を有していれば共有物の全部について持分割合に応じた利用をすることが可能ということです。
2人で土地を半分ずつ共同所有していた場合は、土地の面積の半分を所有しているわけではなく、土地の権利を半分持っているという意味になるという点が共有持分の特徴と言えるでしょう。
そのため土地分割の相談などで話し合うときには、共有持分そのものの権利を有しているかどうかがポイントになるため、不動産売却においては相手方や複数人のときは集団同士で承諾する必要があります。

共有持分が発生する理由とは

共有持分が発生する多くのケースは2通りあり、ひとつは相続です。
相続遺産における不動産などを兄弟間や複数人で共同相続した場合に起こります。
このとき、特に当事者同士で決まりがなければ、法定相続分の割合で、持分割合が決まることになります。
この例における相続の共有状態の発生がかなり多くを占めており、そのため誰でも相続によって共有持分の権利を有する可能性があると考えておくべきでしょう。
2つめは共同購入時で、夫婦でペアローンを組んで、家やマンションを購入した場合、その名義は出費割合に準じて持ち分比率が定められます。
そうしてお互いが納得したかたちで分割したものであれば、夫婦で共同所有というかたちになり共有持分の権利が発生します。
そういった共有持分は売却の対象になることも多く、特に複数人が所有していた際に起こる可能性が高いでしょう。
つまり、共有者間で意見がまとまらないためそのまま売却するケースが多いです。

まとめ

共有持分とは、複数人がひとつの不動産などの価値のある財産を所有しているときに、それぞれが持っている所有権の割合のことを指します。
この権利が発生するケースは比較的多くありますが、共有持分を理解していないと土地売却などでトラブルとなってしまうことにつながるため、しっかりと把握しておくことが大切です。
もし当事者間で話がまとまらなかった場合は、売却をしたり分筆して単独所有にできるので、自身の持っている権利を確認しておきましょう。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。