不動産の共有持分は解消できるのか

共同所有の不動産は、共有者にそれぞれ共有持分がありますが、これを解消することができるのか気になるところです。
結論をいえば共有持分の解消は可能で、それも複数の方法の中から選ぶことができます。
共有持分は、不動産の持分を物理的に分割する現物分割が可能です。
現物分割は共有者がそれぞれ、不動産を単独で所有する形に変えられる方法です。
換価分割は不動産を売却して、現金に変えてから分配するやり方です。
分配は持分割合に基づいて行われるので、公平ですしトラブルになりにくいです。
代償分割は不動産の名義の一本化を図るやり方で、名義を持ちたい人が他の共有者に適正なお金を支払い、共有持分を解消する方法となります。
他にも共有する不動産の一部売却、共有持分の放棄という選択肢もあります。
前者は共有持分の売却そのもので、共有者の合意を得ることなく手放すことができます。
一方、後者は売却を伴わない共有持分の解消で、買い手がつかない場合でも共有持分から解放されるのがメリットです。

不動産の共有持分を解消する方法について


不動産の共有持分を解消する方法には、話し合って全員で共有持分の解消を図ったり、不動産を他の形に変えて共有持分に応じた分配をするやり方などがあります。
共有持分を個別の所有権に分ける分割は、物理的に分けやすい不動産の場合に有効な方法です。
共有者が多いとトラブルのリスクがありますが、共有者が少なければ少ないほど成功しやすいといえます。
売却してそのお金を分配するやり方は、トラブルを避けて共有持分を解消する有力な方法です。
不動産を一度売却しなければいけないのはネックですし、誰もが納得する価格で売れないと不満が残るのは難点ですが、全員が売却に合意すれば実現可能です。
一刻も早く不動産の共有関係から離脱したい、そういう場合は名義の一本化を持ち掛けたり、共有持分の売却や放棄が選択肢となります。
名義の一本化は不動産の共有持分を共有者の誰かに譲る代わりに、お金を受け取って共有持分を解消するやり方です。
共有持分の売却は文字通りの意味ですが、手放した後にトラブルに巻き込まれたくないなら、最終手段として放棄するのも手です。

まとめ

不動産の共有持分の解消は可能で、方法も複数ありますが、これがベストという正解はなく最適解はケースバイケースとなります。
話し合いを伴う解消方法が多いので、共有者の関係が良好でないと難しいものばかりですが、単独で共有持分を解消できる方法もあります。
共有持分の売却や放棄は特に、他の共有者の合意を必要としないことから、スムーズに共有持分の解消を図ることができます。
とにかく不動産の共有関係を解消したい、共有持分を手放したいという場合に有効です。

不動産の共有持分を解消する方法

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です